便秘が原因のぽっこりお腹の対処法

Posted on 26th 1月 2016 by c8hc5vs in ぽっこりお腹の原因

お腹痩せは、ただ食事を制限するだけでは上手くいきません。便秘が原因でお腹がぽっこしてしまっている場合は、便秘を解消しなければお腹痩せが出来ません。便秘の原因を知り、解決方法を考えてみましょう。

便秘の原因は様々です

ストレスを抱える生活を送っている方は、便秘になることがあります。腸はストレスの影響を特に受けやすい臓器と言われているからです。他の原因としては、運動不足があげられます。運動不足によりお腹の腹筋が弱ってしまい、排便の際にうまく力むことができなくなり、腸の働きが低下してしまうことで便秘をしてしまいます。他には、食生活の乱れや排便のタイミングを逃してしまうことも便秘の原因になります。いずれも、腸の働きが上手くいかなくなっていることが原因といえます。

便秘の解消には腸内環境を整えることが重要

原因は様々ですが、共通していえるのは、腸内環境が整っていないと、腸が上手く働いてくれなくなる、という点です。まずは腸内環境を整えるよう心がけましょう。善玉菌を増やしてくれる食品やサプリメントを活用して、腸が活動しやすい環境を作りましょう。そして、植物繊維を上手にとりいれることも大切です。腸の活動が弱い方、排便の回数が数日に1度しかないような方の取るべき植物繊維は「非水溶性植物繊維」です。非水溶性植物繊維は、お腹で膨れて腸を刺激してくれる性質があります。排便はあるがなかなかすっきりしない方、ガスがたまりやすい方などは「水溶性植物繊維」を多く摂取した方が良いです。便秘だからといって植物繊維をたくさんとれば良いわけではありませんので、ご自分の便秘の体質によって水溶性か非水溶性か考えてとるようにしましょう。それから、便秘を繰り返す方は、水分不足の方が多いので、なるべく常温のお水などを飲み、水分不足にならないよう気を付けましょう。

お腹の調子を整えたら後はリラックスして排便のタイミングを待つ

ストレスも便秘には良くありませんので、排便がないことが毎日のストレスになってはいけません。軽い運動などをしたり、お風呂でマッサージなどをして、ゆったりとした気持ちで過ごしていれば、きっと便秘の解消につながるでしょう。

便秘が原因のぽっこりお腹の対処法 はコメントを受け付けていません。

内蔵の冷えを改善してお腹痩せを実現しましょう

Posted on 22nd 1月 2016 by c8hc5vs in ぽっこりお腹の原因

ぽっこりお腹の原因には、内蔵の冷えが関係している場合があることをご存知でしょうか。冷えとぽっこりお腹にはどんな関係があるのでしょう。

内臓が冷えるとお腹がぽっこりしてしまうのはなぜか

胃や腸などの内蔵が冷えてしまうと、内蔵機能が低下してしまいます。体はそれを防ごうと脂肪を蓄えてしまいます。それがぽっこりお腹の原因のひとつです。更に冷えによって機能が低下してしまった腸は、便秘などを引き起こしてしまいますので、よりお腹がでてしまうのです。冷えは血流が悪くなる原因でもありますので、代謝が悪くなり痩せずらくなり、むくみの原因にもなりますので、お腹痩せをしたい方は冷えを改善する必要があります。

お腹の冷えを改善するには

まずは、食生活を改善することが大切です。夏に冷たいものばかり食べてしまう方は気を付けましょう。体を温める効果のある食べ物をバランスよくとるようにします。根菜類やタンパク質は冷えの改善に役立つ食べ物です。サプリメントにも体を温めてくれる効果がある商品が販売されていますので、こういったものを活用して、体の中から温めることを心がけましょう。それと適度な筋肉をつけると尚良いです。厳しい運動をする必要はありません。ウォーキングやストレッチなど、軽く汗ばむ運動をすると適度な筋肉をつけることができるので、冷えの改善になります。

冷えの改善はお腹痩せもでき、ダイエットを助けてくれる

冷えを改善することで、体の代謝を上げることができるため、お腹痩せだけでなくダイエット効果も期待できます。冷えを改善して、美しい体を手に入れましょう。

内蔵の冷えを改善してお腹痩せを実現しましょう はコメントを受け付けていません。

骨盤が歪むとお腹がぽっこりでてしまう!生活習慣で改善しましょう

Posted on 19th 1月 2016 by c8hc5vs in ぽっこりお腹の原因

骨盤の歪みが原因でお腹がぽっこり出てしまうことがあります。特に女性に多い現象ですが、骨盤が歪むとどうしてお腹がでてしまうのでしょう。そしてその改善方法はあるのでしょうか。

骨盤が歪むとどうしてお腹がぽっこりでてしまうのか

骨盤は、体を支える重要な役割をしています。そのため、骨盤の歪みが原因で骨盤まわりの筋肉が衰えてしまい脂肪がつきやすくなってしまいます。更にその影響で内臓を支えることができなくなってしまい、歪んだ骨盤に内臓が下がってきてしまうことでお腹がぽっこりでてしまうのです。更にそれらが原因で、便秘を招いてしまう結果にもなりますので、骨盤の歪みはぽっこりお腹にとても関係が深いのです。

骨盤が歪む原因

特に女性の骨盤は、出産などの影響で開きやすい構造になっているため、日々の生活習慣で歪んでしまいます。椅子に座る時に同じ足ばかり組んで座ったり、バッグを同じ肩にばかりかけてしまう、立つ際に同じ足に重心を置いてしまう、などちょっとしたクセが骨盤を歪ませる原因になっています。それから、姿勢も骨盤には大きな影響を与えます。猫背でパソコンで作業をしてしまう方は、要注意です。歩く時の姿勢も骨盤を歪ませてしまいますので気を付けましょう。

骨盤の位置を整えることは難しくありません

元々が動きやすい構造なので、骨盤を正常な位置に保つのは簡単に行えます。足を組む際には、同じ足ばかりではなくいつもと違う足で組んだり、バッグをかける肩もいつも同じ方ばかりにしない、立つ際には、背筋に気を付けると自然と同じ足に重心を置いてしまうことを防げます。歩く時には、骨盤が開いている方はガニ股になっていることが多いので、内股に歩くことを意識してみましょう。寝るときの姿勢も、横向きで寝るのではなく、なるべく仰向けの姿勢で寝てみてください。もちろん、骨盤の歪みを治すストレッチなども有効ですが、生活の中で気を付けるだけでも骨盤の歪みを正すことはできますので、意識して生活し、歪みを改善しましょう。

骨盤が歪むとお腹がぽっこりでてしまう!生活習慣で改善しましょう はコメントを受け付けていません。

お腹の内蔵が下がってきた!インナーマッスルが原因のぽっこりお腹

Posted on 15th 1月 2016 by c8hc5vs in ぽっこりお腹の原因

お腹で内臓を支えていた筋肉が衰えてしまうことで、お腹がぽっこり出てしまうことがあります。内臓が筋肉で支えきれずに落ちてきてしまうのです。加齢が原因にもなりますが、やはり普段の生活習慣によるものが原因のことが多いです。衰えた筋肉を復活させて、ぽっこりお腹を解消しましょう。

お腹痩せをするために必要な筋肉は

腹筋運動でお腹痩せをしようと思う方は多いと思います。一般的な腹筋運動は、腹直筋といわれる外側の筋肉を鍛えることしかできません。お腹痩せのために鍛えるべき筋肉は、内臓などを支えてくれる腹横筋といわれるインナーマッスルです。このインナーマッスルを鍛えることで、下に落ちてきてしまった内臓を元の位置に戻すことができるので、お腹痩せが実現できるのです。

腹横筋(インナーマッスル)は日常生活で鍛えることができる

もちろん、インナーマッスルに効果のあるトレーニングを行い、鍛えることもできますが、毎日続けられずに挫折してしまう方には、姿勢に気を付けて生活することをおすすめします。特別な運動をしなくてもこれだけで効果があります。椅子に座っている時、なるべく背もたれによりかからずにまっすぐな姿勢を保ちます。立っている時にも背筋を伸ばしてきれいな姿勢で立つようにしましょう。その際にお腹のあたりの筋肉を意識することが大切です。生活の中でこれだけ気を付けるだけでも違ってきます。

呼吸でも鍛えられる

特に女性の場合、胸式呼吸の方が多いですが、腹式呼吸を意識するだけでもインナーマッスルに効果があります。腹式呼吸とは、お腹を意識して呼吸をする呼吸法で、吸う時にお腹が膨らむのを意識し吐くときにお腹をへこませます。更にお腹をへこませた状態を10秒ぐらいキープするなどの簡単な運動をプラスして行うと、インナーマッスルに効いてきます。

楽な姿勢ばかりの生活を変えればお腹痩せは実現できます

常にどこかによりかかって座ったり、姿勢の悪い歩き方をすることでインナーマッスルは衰えてしまいます。そういった点を改善するだけでも、筋肉を鍛えることができるので、お腹痩せを実現することができるのです。インナーマッスルを鍛えることで、体の代謝を上げることにもつながりますので、代謝しやすい体をつくることにもつながります。

お腹の内蔵が下がってきた!インナーマッスルが原因のぽっこりお腹 はコメントを受け付けていません。